友よ安らかに・・・

すっかり 春の陽気の山形市。
そんな中 先週 衝撃のニュースが飛び込んで来ました。

高校時代から ずっと仲良くしていた友達が
亡くなった、という 悲しい知らせ・・・。
すごい衝撃でした。

彼女との出会いは 高校1年生の時。

当時の神奈川県では 学区制度が導入されていたので
基本的には 
割り当てられた学区(私の場合は、秦野伊勢原学区)の高校を 受験するのが 
当たり前だったんだけれど
合格基準が 学区内の受験生よりも高くなる 学区外から
あえて 越境入学して来たのが 彼女でした。

それから 3年間・・・
常に 一緒の時を過ごしました。

彼女が 夢を追いかけて
大阪の学校に進学した時には
友達と一緒に 大阪まで遊びに行って
みんなで 道頓堀や御堂筋を 闊歩したり
神戸の異人館を 散策したり。

そうそう 今では 当たり前になっているけれど
生まれて初めて 自動改札を見たのは この時。
東京や神奈川では まだお目見えしていなかったからね・・・

彼女が 神奈川に戻って来てからは
また 集まる機会が増えて
ドライブに行ったり 色々な講習会に参加したり
サザンのコンサートに行ったり・・・

冬には 一緒に スキーにも行ってた。
NAISG という 合宿タイプのスキー教室に
月に1~2回 参加したり
当時 私が勤めていた大学の セミナーハウスが志賀高原にあり
年始は 一緒に滑り始めをするのが ルーティン。

『月例会』 と称して 高校時代の仲間4人で 
毎月1回 カラオケボックスにも行ってたな。

私の結婚式の時には
3人が 『赤いスイトピー』 を 歌ってくれた・・・

私が 秋田に引っ越してしまってからは
なかなか 帰省時期と みんなの予定が合わなくて
会えなくなってしまったけれど
誕生日だけじゃなく
東日本大震災の時や 何か大きな地震、災害があった時には
心配して メールを送ってくれたり。

離れていても 会えなくても
お互い 元気で暮らしているのが
当たり前だと思っていたのに・・・

あまりにも 早すぎるよね・・・
もう一度 彼女の愛らしい笑顔に会いたかったな・・・
私の誕生日に届いたメッセージが
最後になってしまいました。
来月 また 彼女の誕生日がやってくるけれど
もう メールを送っても LINE を送っても
返信が来ることは ないんだね・・・

訃報を聞いてから
彼女との30年間の思い出が 次から次へと 溢れ出て来ると同時に
改めて 生と死について 考えさせられました。
そして 病院選びの重要性も。

最初に門を叩いた病院で 誤診をされていなければ・・・
別の病院を訪れた時に
医師から 心無い言葉を言われなければ
もっと早く 病気に気付けたはずなのに・・・

急激に 病状が悪化したそうなので
私には想像出来ないほど 苦しかっただろうけれど
今は その苦痛からも解放されて
少しは 楽になっていると良いね。

ご冥福をお祈りします。 
[PR]
トラックバックURL : http://hababon.exblog.jp/tb/25026463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hababon3 | 2016-03-08 12:45 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

愛犬 LUNA(チワプー♂)と  山形での生活を紹介します


by hababon3