なぜ移調するのか分からない・・・(爆)

オリエンテーションの話題を もうひとつ。

生徒&保護者合同の オリエンテーションは
午前中で終了したけれど
娘たちは 午後から
部活動の紹介や 校歌の練習があったので
帰宅した娘に その感想を聞いてみたら・・・。

部活動は どれも 楽しそうで
正直なところ 迷っているとか。

そして 校歌の話。

小学校の時の校歌は 歌詞もメロディーも素敵で
母娘とも 本当に大好きでした。

一方 中学校の校歌は
楽譜上は 4分の4拍子なんだけれど
歌詞と拍の関係が 何とも言えない部分があり
歌ってみると 途中で
『あれれ?拍がずれた?』 と思うにも関わらず
気付くと 普通の4拍子に戻るという
なんとも 不思議な校歌・・・。
楽譜を見るまでは
歌の途中で 何小節かだけ 拍子が変わる曲だと思っていました。
そのくらい 聞いていて 違和感を感じるんですよね~。
が、実際は 最初から最後まで 
普通の 4分の4拍子。
でも 3年間・・・
折に触れて 聞くうちに
それはそれで 味がある校歌だと感じる様になったりして(^^)

そして 今回の高校の校歌・・・
どうやら 普通すぎて
イマイチ パッとしなかった模様。
しかも 生徒手帳に載っている楽譜はニ長調なのに
歌う時は 何故か ハ長調に移調されていたそうで
なおさら 違和感があったとか。

実は 我が家の娘・・・
幼稚園の頃から 小学校卒業まで(山形に引っ越しするまで)
秋田市にある
『いがらしピアノ音楽教室』 に通っていましたが
普通の教室の様に ピアノを弾くだけではなく
ソルフェージュや聴音など
様々なレッスンを 体験させて貰いました。

そのお陰で 楽譜を正確に読むことが出来るし
ビックリするほど 耳が良いんです。

中学校時代は 吹奏楽部の中で
自分のパート(ホルン)をしながら
先生が来る前に チューニングや基礎合奏をする際の指揮をする
学生指揮者を 担当していたけれど
その時にも 微妙な音のズレなどを 聞き分けて指摘するなど
部活をやる上で 本当に役に立ったそうです。
素晴らしい才能を得られたな、って 思います。

が、そんな娘としては
この移調された校歌に センサーがビンビン反応しちゃったみたい。

音楽部が主導して 校歌の練習をしたそうだけれど
前奏が始まった時点で
『ん?ニ長調じゃなくてハ長調?』 って。

恐るべし、絶対音感 (^_^)

歌い易い様に 移調したのか
はたまた 別の意図があるのか・・・。

ま、LUNA には
そんなことは 全く関係ありませんよ~~~

f0250515_16535975.jpg


てへっっ(笑)

そして 最初の印象は イマイチでも
中学校の時の様に
何度も歌っている間に 愛着も出てくることでしょう(^^)

ちなみに 私ったら・・・
小学校から大学までの校歌を 未だに全て歌えちゃいます(笑)

最近 物忘れがひどくて
ちょっと前の事は ポツポツ 忘れてしまうけれど
昔の事は 良く覚えているようです(爆)
[PR]
トラックバックURL : http://hababon.exblog.jp/tb/23831249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hababon3 | 2015-03-27 17:02 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

愛犬 LUNA(チワプー♂)と  山形での生活を紹介します


by hababon3